東洋医学の「すいな」とは

すいなとは?

「すいな」は経絡とつぼ、気血の流れを中心とした本来人間が持っている“自己回復力”を呼び戻すための優れた整体法です。 器具や道具を使わない文字通り“手造り”の本物の技術です。

「すいな」は非常に優れた整体法(療法)ですが日本ではまだ普及していません。 経絡やつぼ、気血の流れを正しく使える人は少ないので、専門性が高く一度修得すれば希少な存在となりどこで仕事をしてもあなたがいい結果を出す整体のエキスパートになることはまちがいありません。

なぜ“軽い力”でいいのか?

「すいな」は強い押し方と違い、ソフトな手法で身体の芯に効かせてお客様の体の機能を回復させることを目的としています。

あなたは自分の思い通りの施術ができてお客様にもあなたにも、体を傷めない優れた整体法です。

手を筋肉に密着させて大きく動かし、経絡、ツボを刺激して気血の流れを整えて、自律神経の働きを活発にする、・・・これが“こんなに軽い”方法で一度にできてしまうのです。
それが、力を使わない「すいな」整体法です。

なぜ“軽い力”でいいのか?
それは、手や指を筋肉に密着して大きく動かすことにあります。
手や指を筋肉に密着させるのに力は要りません。
密着させたらそのまま大きく動かすだけです。
大きく動かすことで筋肉の中の血流をよくして痛み物質や老廃物を取り除きます。

“強く揉む”と筋肉が傷んで余計に硬くなってしまいます。
これが揉み返しとなります。
また、あなたの指が痛くなったり、腕がパンパンに張ってしまう原因となります。
筋肉を緩めるのは大きく動かすことと付着部分(起始停止)を伸ばすことです。

あなたは「すいな」整体法で軽い力で大きく動かすことと、全力で“強く揉む”ということの違いを理解して、力を使わない「すいな」でお客様が安心してあなたの施術を受けていただけることを実感できるでしょう。

経絡とツボを刺激すると
気の流れと血の流れがよくなります。

気は本来人間が持っている、体が常に正しく機能するように働いています。体が常に正しく機能するように働くことを恒常性(ホメオスタシス)といいます。

経絡は気の通り道です。
気は血管に沿うように通っていて、体を温めたり、外からの邪気を防御する働きがあります。

ツボは気の出入り口です。
経絡が体の中の高速道路だとすれば、ツボは高速道路の出入り口だと言えます。
気を入れたり出したり、貯えたりして体のバランスを保つためのボタンです。

東洋医学では12の経絡に内臓の名称を付けて5つのグループに分けています。

そして、それぞれ独特の機能を持って相互に関連させて心身への影響を導いています。
筋肉を大きく動かして緩めると同時に、経絡とツボを使って人間の体を健康体に保つ活力をよみがえらせることでお客様が術後に”ああ、軽くなった”と言っていただき、整体師として手ごたえを感じていただけます。

自律神経の働きは
心臓、血管、横隔膜、内臓の働きを支配する神経です。

交感神経の影響により心拍数を上げたり筋肉の緊張が増加します。
副交感神経は身体の安静、エネルギーの構築、心拍数を減少させます。
自律神経は内臓機能を活発にしたり、休ませたりしているのです。

あなたが“心臓よ止まれ!”と命令しても心臓は止まりません。
自律神経の働きであなたの意思に関係なく動いているのです。

「すいな」はこの自律神経の副交感神経の働きに大きく作用します。
ですから練習を重ねていくとお客様は眠りに落ちるようないい気持ちになり、血流をよくして痛みを和らげるのと同時に内臓機能を活発にさせて元気回復を図るのです。

「すいな」の効用は、
”身体が軽くなった”という状態が持続することです。

あなたの施術で新陳代謝を活発にしてお客様の回復力を維持できるようになることを実感できます。

では、どうやったらいいのでしょうか?
まず、基本を学んでから自分のパターンとリズムを作っていきます。
あなたの“型”を作るということです。

整体でうまくいかない理由は、基本ができていないことと自分の“型”ができていないところにあります。

指を傷めたり、時間対応に追われたり、強めたらいいのか弱めたらいいのかよく分からない施術者がいます。

お客様の要望に応えて、満足していただくためにはあなたの“型”を作ることが大切です。

次に、施術にあたっては大胆かつ繊細に行います。
狙った筋肉にきちんと指を当て、たらためらうことなく指を大きく動かしていきます。
同時に筋肉の変化を指先で敏感に感じ取る繊細さが必要です。
大胆さと繊細さの2つができて初めてお客様に満足していただけるのです。

「すいな」を施術することはお客様の人生に触れることです。
東洋医学は人体を学ぶことと同時に心理を学ぶことでもあります。

肩こりや腰痛になった原因を知ることは、お客様がどのような仕事をして、どのような生活をされているのかを知ることになります。

「すいな」はストレスによく効くという特徴があります。
ストレスが多い現代社会ではただ揉むだけの施術ではストレスは解消されません。
相手を思いやり、人の気持ちを大切にすることが大切です。

東洋医学は“気の働き”が人の健康が左右するとして、経絡とつぼを使って体の機能を整えます。

また、陰陽五行説のように自然界の現象が人の考え方に影響するとしています。

技術と理論と東洋医学に裏付けされた「すいな」を勉強する楽しさは、人の体と心を勉強することだと思います。

「すいな」はどなたでも習得することができます。

整体を初めて習う方はじゃまな予備知識がないので、すんなり始めて技術と理論を習得することができます。

経験者の方はガチガチの指や手で押したり揉んだりすることを一旦リセットさせて、筋肉に“触れる”感覚を作ります。

あなたは強く揉む、ということを身体の力を抜いて“柔らかく大きく動かす”ことに変えて人間の体に優しく接することを学びます。

あなたの体も柔らかく動き、指を傷めず、体に無理のない整体法なので疲れることが少ないのです。

「すいな」はいままでの半分の力でお客様の体の中から回復させると同時に、施術をするあなたの体も傷めず元気にしてくれる極めて優れた整体法です。

「すいな」60分無料体験のお申し込み