東洋医学 テキスト No.5 – 五行学説

3)五行学説(ごぎょうがくせつ)

五行とは 木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)という五種類の物質を異なる性質、作用、形態に分類している。

相互に生み出し - 相生(そうせい)、
相互に制約する - 相克(そうこく)という関係があります。

それぞれ次のような特徴を持っています。

木・・・ 曲直 - 条達、伸びやか

火・・・ 炎上 - 温熱、上昇

土・・・ 稼ショク - 生化、受納

金・・・ 従革 - 粛清、変革、収斂

水・・・ 潤下 - 寒涼、滋潤、下行

 

○ 五行相生の順序 - 相互産生・相互助長

木生火、   火生土、   土生金、    金生水、    水生木、

(もくせいか) (かせいど) (どせいきん)(きんせいすい) (すいせいもく)

これを母子関係として説明している

 

○ 五行相克の順序 - 相互制約、相互抑制

木克土、    土克水、    水克火、   火克金、   金克木

(もっこくど) (どこくすい) (すいこくか) (かこくきん)(きんこくもく)

 

五行学説の運用

五臓系統の生理機能(~系統と記すのはその臓器に関る器官を指すため)

肝臓系統(木) 疏泄、昇発  : 肝 - 胆

心臓系統(火) 温煦作用   : 心 - 小腸

脾臓系統(土) 生化の源   : 脾 - 胃

肺臓系統(金) 静粛、収斂  : 肺 - 大腸

腎臓系統(水) 水を主る   : 腎 - 膀胱

五臓の相生の関係

腎(水)の精は肝を養い

肝(木)の蔵する血は心を助け、

心(火)の熱は脾を温め、

脾(土)が化生する水穀の精微は肺を満たし

肺(金)の粛降作用により腎を助ける

 

五臓の相克の関係

肺(金)の氣は下降して肝陽を抑制し、

肝(木)は条達により脾氣の疏泄を行い

脾(土)は運化により腎水を制御し、

腎(水)は潤す作用により心火の亢進を防止

心(火)は陽熱により肺金の粛降を制約

中医学では五行学説を運用して、五臓系統の生理機能および相互関係を解釈して、人体と内外環境との相互連絡・相互制約という全体性と統一性を説明しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中