東洋医学 テキスト No.4 – 病因病機

病因学説 

中国医学の病因認識は、症状を主な手掛かりとして病因を解明するところにあるので
長期にわたる臨床の観察を基礎として「審証求因」(病因弁証)という方法で形成されてきました。

続きを読む